ゆりゆりブログ

Girls only skateboard video in Japan.
"joy and sorrow2"
Now on sale!!

日本全国のショップにて販売中。

<< joy and sorrow cup 動画 | main | Joy and sorrow3 >>
なんと
0
    こんにちは。



    YouTubeのイベントダイジェスト映像の編集も終わり、

    いやーあとはトーナメント戦のフルバージョンだ!
    みんな出た人は見たいもんな!と作ろうと思ってたんですがっ、


    いろいろこのタイミングで舞い込んできた話!

    ご存知だと思いますが、
    ついにアメリカでガールズオンリーDVDが発表になります!
    パチパチパチパチ!


    その名も[quit your day job]!!

    https://www.indiegogo.com/projects/quit-your-day-job-all-female-skateboarding-film--2#/←←←クリッククリック!

    そして!! Joy and sorrow3トレーラーをボーナスに載せるよと言われました!!

    (まだYouTubeにする予定はないです。)

    期限が早いので、ダッシュで作っております。


    アメリカでガールズオンリーDVD、絶対やばいと思います!
    楽しみ!!




    そしてそして、

    Todd Falconのファイナルレベルと言われる人生の総決算のようなフルパートが近日公開するという事で
    https://youtu.be/fYxXlgR3AEk

    なんと、それに対して、

    わたしに推薦状が届き、
    わたしのインタビューと4.5カット欲しいと言われました。


    その時に、わたしと他の日本人スケーターの名前も推薦されてました。

    そのスケーターは世界にも有名な誰もが知るスケーターです。


    そこにわたしの名前、不自然すぎる、、、笑


    なので悩みました。


    わたしが出る事で、格が下がるかなとか。


    でも、やる事にした決断は理由があります。



    joy and sorrow 1のメンツは、わたし達世代だらけでした。
    むしろ10代の子とあまり接点がなかったのもあります。
    全国まわって、知り合いという知り合い、その友達とたくさんの子を撮影しました。



    Joy and sorrow 2メンツは、10代の子も出たい!と数々の世代がミックスされて、日本の今頑張っている女の子達!
    という感じでした!

    Joy and sorrow2で、みんな更にスキルアップしたし、若手が参加してくれた事で、グッとDVDのスキルが上がりました。



    Joy and sorrow3は、、、?


    今やオリンピック競技にもなったスケートボード。


    [もっと練習して頑張らなきゃ!]
    となってるのは当たり前だと思う。


    でも、わたしがやっている事は、
    勝ち負けじゃない。


    一本の作品作りです。



    60人以上出演している中で、

    100人の人が見て

    100人みんなが同じ人を1番好き!カッコいい!という評価はないです。



    これは、競技として作品としてどっちが良い悪いではなく、
    全く別物。


    そもそも私は制作者として、
    誰が1番というのを決めてもらいたい訳ではなく、
    作品として全体を見て面白かったか、
    伝えたいメッセージやコンセプトは伝わっているのか、
    が重要です。


    そもそも私が[スケーターとして有名になりたくて]、だけの理由ならば
    自分で自分のパートだけ作ってます。

    大会で言ったら、前回のJoy and sorrow2で、わたしのパートは1番点数が低いと思います。
    技という技もしてませんし。

    でも、違いますよね。

    DVDは点数じゃない事。

    もちろん個人の考えは自由なので、点数で決めてもいいと思いますが、
    点数で決めてもらいたいなら、わたしは作品なんて作らず、片っ端から大会に出てます。



    何が言いたいかというと、、

    Joy and sorrow2で、
    変わったパートを完成させたわたしですが笑、
    大会ではビリ評価であろうパートですが、
    海外から声がかかったということ。

    オリンピックからむしろ掛け離れていってるスケートスタイルですが、

    評価してくれる人がいること。


    男性もそうですよね、
    海外で戦うスケーターもいれば、
    ビデオで海外と繋がるスケーターもいて、他にもいろんな土俵で活躍している。


    女子もいろんな活躍の場が作れる
    良いチャンスと希望になるんじゃないかと、

    ゆりゆりがあんな変な事してるけど、
    ああやって評価されてる。って、
    わたしもこっち路線でやってやろう!

    とか、新しいガールズスケーターの道が開けるかなと今回インタビューなどを、やる事にしました。





    そして、オリンピックに向けて頑張れる事、
    今や世界の大会で戦える日本のガールズシーンも本当にすごい!!


    私はスケーターとして優等生には、なれないけど、それた道でも、頑張れる道がある事を信じて、新しい道に進みたいと思います!


    そして希望をみんなに与えたいです。
    頑張ります!




    ゆりゆり
    | My name is Yuri Murai. | joy and sorrow | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 16:55 | - | - | - |









      http://yuri2-blog.jugem.jp/trackback/940
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE